読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グロースエンジニアのブログ

プログラミングとウェブ解析をやっています。Googleアナリティクス好きなRuby on Rails エンジニアです!

【Ruby on Rails】ローカル環境でunicornを設定する

実は何度かサイトを公開しようと思って失敗しております...

そこで、本番を想定して少しずつサーバ周りを覚えていこうと思い、ひとまずローカルでunicornを設定して動くかを確かめてみようと思ったのが、これをやろうと思ったきっかけです。

 

Gemfileにunicornを記載

デフォルトだとコメントアウトされているので、それを有効にする

gem 'unicorn'

unicornの設定ファイルを作成

一行ずつ何をするためのものなのかを参考にしつつ、調べて微調整。

# Rails のルートパスを設定(RAILS_ROOT/config/unicorn.rbに配置している場合)
rails_root = File.expand_path('../../', __FILE__)

# RAILS_ENV を設定(RAILS_ENVごとに挙動を変えたい場合に使用。)
# rails_env = ENV['RAILS_ENV'] || 'development'

# capistrano の unicorn restart のエラー解消
before_exec do |server|
  ENV['BUNDLE_GEMFILE'] = "#{rails_root}/Gemfile"
end

# ワーカー数の定義
worker_processes 2

# Unicornの起動コマンドを実行するディレクトリを指定
working_directory rails_root

# 接続タイムアウト時間
timeout 30

# Unicornのエラーログと通常ログの吐き出しファイルを指定
stderr_path File.expand_path('../../log/unicorn_stderr.log', __FILE__)
stdout_path File.expand_path('../../log/unicorn_stdout.log', __FILE__)

# Nginxで使用する場合はこちらの設定
# listen File.expand_path('../../tmp/sockets/unicorn.sock', __FILE__)
# ひとまずローカルで8080
listen 8080

# プロセス停止などに必要なPIDファイルの保存先を指定
pid File.expand_path('../../tmp/pids/unicorn.pid', __FILE__)

# Unicorn再起動時にダウンタイムなしで再起動を設定
preload_app true

# USR2シグナルを受けると古いプロセスを止める
before_fork do |server, worker|
  defined?(ActiveRecord::Base) and
      ActiveRecord::Base.connection.disconnect!

  old_pid = "#{server.config[:pid]}.oldbin"
  if old_pid != server.pid
    begin
      sig = (worker.nr + 1) >= server.worker_processes ? :QUIT : :TTOU
      Process.kill(sig, File.read(old_pid).to_i)
    rescue Errno::ENOENT, Errno::ESRCH
    end
  end
end

after_fork do |server, worker|
  defined?(ActiveRecord::Base) and ActiveRecord::Base.establish_connection
end

途中にcapistranoのエラー対応のものもあったので一応入れておいた。 

unicorn の起動と停止

unicornの起動は以下のコマンド。今まで`rails s`をしていたものをこちらに修正。

bundle exec unicorn_rails -c config/unicorn.rb

unicorn を起動して、`http://localhost:8080`にアクセスすると画面が表示される。

次にunicornの停止コマンドはこちら。

kill -QUIT `cat tmp/pids/unicorn.pid`

初心者でしょうもないことなんじゃけど、`/path/to/~~`って結構分かりづらかったりする...
ここはunicornで設定したPIDファイルの保存先を指定。

これでローカル環境でunicornが動くようになった!
一安心!ここまでunicornの設定が細かく書いてあると分かりやすかった!

 

設定の参考にしたのはこちらの記事です。

Unicorn設定のまとめ - Qiita