読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グロースエンジニアのブログ

プログラミングとウェブ解析をやっています。Googleアナリティクス好きなRuby on Rails エンジニアです!

モデルの作成とNOT NULLなどの設定

まず、モデルを作っていこうと思います。

モデルの作成

rails g model lesson title:string summary:string

上記コマンドでモデルを作成する。この時点でカラムにNOT NULLとかの設定はできなんですかね??

調べてみるとみんなmigrationファイルで設定をしていますが、自分のやっていることがあっちゃこっちゃに散らばっているっていうのがわかりづらいので、できればコマンドにまとめてしまいたい。。。

NOT NULLを設定する

で、できたものにNOT NULLの設定をする。

boolean には、【:default => 'true'】をつけておけば大丈夫かな。

class CreateLessons < ActiveRecord::Migration
  def change
    create_table :lessons do |t|
      t.string :title, :null => false
      t.string :summary, :null => false

      t.timestamps
    end
  end
end

それ以外のモデルも作成を進める。
外部キーの設定は、【references】をつけて設定する。

すべてのモデル作成が終わったらDBに反映する。

rake db:migrate

これでモデル作成完了!